十三支演義 偃月三国伝1・2

ジャンル:

ブランド:

公式サイト:http://www.otomate.jp/jyuzaengi/vita/

発売日:2015.8.27

定価:6,480円

シチュエーション:

シリーズタイトル:

キャラクターデザイン:

シナリオ:

Amazon 楽天 Yahoo! 7net ヤフオク

ポチっとレビュー
買って失敗したいまいちまあまあ面白かった最高! (まだ評価はありません)
Loading...Loading...

※5段階の簡単レビューです。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

「十三支演義 ~偃月三国伝~」と「十三支演義 偃月三国伝2」を一つにまとめてPSVitaへ移植した作品。
それぞれのタイトルに、新規シナリオとスチルが追加されています。

ストーリー

時は後漢末。
乱世の奸雄曹操により、隠れ里から連れ出された『猫族』(まおぞく)。
人間の体に獣の耳を持つ彼らは、猫の姿の妖怪『金眼』(きんめ)の 子孫と言われ人間たちから忌み嫌われていた。
人間たちは猫が十二支から外れたという昔話から 十三番目の干支、『十三支』(じゅうざ)と呼び彼らを蔑んだ。

▼十三支演義
猫族である関羽、劉備、張飛の三人は幼い頃から兄弟のように育ち、 固い絆で結ばれていたが、平穏な日々は突然終わりを告げる。
漢帝国より勅命を受けた討伐軍の曹操は、 逃げた黄巾族を追って猫族の隠れ里に迷い込んだのだった。
猫族の高い能力に目をつけた曹操の策略により、平和に暮らしていた 猫族たちは人間たちの戦いに巻き込まれていく。

▼十三支演義2
猫族の長・劉備は、人間たちの戦いに巻き込まれたことで、 身に宿る金眼の呪いを増幅させてしまう。
邪へと堕ちた劉備だったが、関羽をはじめとする猫族の絆の力により 純粋であった子供の劉備を取り戻し、官渡の戦いは幕を閉じる。
それから半年。曹操の計らいにより、人間と共に暮らしていた猫族。
しかし、曹操不在を機に人間たちの不信感が暴力となって猫族を襲う。
再び村を追われる身となった関羽たちは安寧の地を目指す。

キャスト

関連商品

















攻略サイト

発売履歴


▼PSP版




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です