十三支演義 偃月三国伝2

ジャンル:

対応機種:

ブランド:

公式サイト:http://www.otomate.jp/jyuzaengi2/

発売日:2014.4.17

定価:6,264円

シチュエーション:

シリーズタイトル:

キャラクターデザイン:

シナリオ:

Amazon 楽天 Yahoo! 7net

ポチっとレビュー
買って失敗したいまいちまあまあ面白かった最高! (まだ評価はありません)
Loading...Loading...

※5段階の簡単レビューです。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

「今再び、血戦の時―」

2012年5月に発売された「十三支演義 偃月三国伝」の続編です。

ストーリー

時は後漢末。
乱世の奸雄曹操により、隠れ里から連れ出された『猫族』(まおぞく)。
人間の体に獣の耳を持つ彼らは、猫の姿の妖怪『金眼』(きんめ)の子孫と言われ人間たちから忌み嫌われていた。
人間たちは猫が十二支から外れたという昔話から、十三番目の干支、『十三支』(じゅうざ)と呼び彼らを蔑んだ。

猫族の長・劉備は、人間たちの戦いに巻き込まれたことにより、身に宿る金眼の呪いを増幅させてしまう。
邪へと堕ちた劉備は、袁紹軍を乗っ取り何十万という人間を 殺そうとするが、関羽をはじめとする猫族がこれを命懸けで阻止する。
そして劉備は元の子供の姿に戻り、官渡の戦いは幕を閉じた。

それから半年。
曹操は河北全域を支配する圧倒的な勢力へと、のし上がっていた。
猫族は曹操の国、許都(きょと)の山奥で、昔のような静かな暮らしを送る。
しかし、その平穏は曹操の烏丸討伐によって壊されることとなる。
曹操の不在を狙い、許都の人間たちが、猫族を討たんと暴動を起こしたのだ。

兵士でもない普通の人間たちから理不尽な暴力を受ける猫族たち。
彼らはどうすることもできず、村を追われることとなるのだった。

時は動乱の世、猫族の、人間たちの、それぞれの運命が再び廻り始める―

キャスト

関連商品


攻略サイト

発売履歴



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です