遙かなる時空の中で6

ジャンル:

対応機種:

ブランド:

公式サイト:https://www.gamecity.ne.jp/haruka6/index.htm

発売日:2015.3.12

定価:7,344円

シチュエーション:

シリーズタイトル:

キャラクターデザイン:

Amazon 楽天 Yahoo! 7net

ポチっとレビュー
買って失敗したいまいちまあまあ面白かった最高! (投票数 11, 平均: 3.82 / 5)
Loading...Loading...

※5段階の簡単レビューです。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチっとな」をお願いします。

ストーリー

──長きをもって、栄えし世にも、終末が来る。
普通の女子高生だった主人公・高塚梓(たかつかあずさ)は、祖母の見舞いに出向いた病院で、不思議な声に誘われ、大正時代に似た異世界へ時空移動をしてしまう。
都東京。
新たな文化・思想と古き伝承がともに息づくこの街では、近年、怨霊と呼ばれる異形の存在が蔓延っていた。
帝国軍は対怨霊討伐組織・精鋭分隊を組織し日々、治安を守らせていたが、帝都の乱れは悪化する一方。巷で流布する終末の予言を怖れる声も増える中、ついに龍神のお告げが下り、龍神の神子が召喚されることとなった。
帝国軍が執り行った儀式により、召喚された存在こそが主人公──。
だが、異世界に降りたってまもなく、主人公は謎の青年ダリウスに手をとられ、帝都の西・蠱惑の森へと誘われることとなる。
青年は自らを鬼だと語り、主人公を自らの邸にかくまった。
「さあ、龍神の神子殿。ようこそ、鬼の棲家へ」
帝国軍と、鬼の一族。ふたつの立場。
その抗争に主人公は巻き込まれていく──。

キャスト

関連商品





攻略サイト

発売履歴

▼PSVita



▼PSP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です